日本と欧米の医療と法を比較検討:
「医療事故調査制度の発展に向けて」
― システムアプローチによる医療安全 ―

平成27 年10 月から施行された新しい医療事故調査制度を円滑にかつ積極的に運用する方策とは?
医療事故情報収集等事業を含めて医療安全を発展させる方策を提言致します!


  1. 再発防止と説明責任の進展 ― 刑事手続の限定に向けて
  2. 新制度の中立公正な個別的事故調査方法 ― 死亡調査分析モデル事業及び産科医療補償制度の成果に学ぶ
  3. 包括的エラー報告予防制度 ― 医療事故情報収集等事業の拡充及び医学看護教育の充実化
  4. システムの欠陥分析&機能不全分析 ― 医療事故とエラーの調査方法及び再発防止策

医療安全に関わるすべての方必聴のセミナーです。是非ご参加下さい。

コーディネーター
 遠藤 直哉
(日米医学医療交流財団理事/弁護士法人フェアネス法律事務所 代表弁護士/日本医療機能評価機構 医療事故情報収集等事業 総合評価部会委員)
 
詳細(タイムスケジュール)
14:00開場

14:30~14:40主催者挨拶

14:40~15:30
①医療安全のグランドデザインの提示
 演者:遠藤直哉、鈴木孝昭、中村智広


15:30~15:50
②死亡調査分析モデル事業を含む医療安全の発展と今後の運用
 演者:髙本眞一


15:50~16:10
③医療事故情報収集等事業の実績と医療事故防止事業部の役割
 演者:後 信


16:10~16:30
④医療特有のシステムのアプローチの具体的適用の提示
 演者:長尾能雅


............ 休憩(15 分) ............

16:45~17:05
⑤院内医療安全管理に警鐘事例の調査報告を活用する方法
 演者:上野正文


17:05~17:50
⑥演者全員のパネルディスカッションとQ&A


17:50~18:00
閉会挨拶


18:15~20:00
懇親会


開催日2016/02/21
会場スクワール麹町
東京都千代田区麹町6-6 アクセスマップ
開場/開演14:00/14:30
料金会員:10,000円
一般:12,000円
懇親会費は、別途4,000円です。同会場ですので是非ご参加ください。
講師髙本 眞一
(当財団理事,三井記念病院 院長,日本医療安全調査機構 前運営委員)
後  信 
(九州大学病院医療安全管理部 教授・部長,日本医療機能評価機構 執行理事)
長尾 能雅
(名古屋大学医学部附属病院 医療の質・安全管理部 教授,日本医療機能評価機構 医療事故情報収集等事業 総合評価部会委員)
上野 正文
(東海大学医学部付属八王子病院 看護部 医療安全管理者)
遠藤 直哉
(当財団理事,弁護士法人フェアネス法律事務所 代表弁護士,日本医療機能評価機構 医療事故情報収集等事業 総合評価部会委員)
 中村 智広(弁護士法人フェアネス法律事務所 弁護士)
 鈴木 孝昭(弁護士法人フェアネス法律事務所 弁護士・医師) 他
その他情報A4フライヤー

 

お申し込みフォーム

 
2月21日開催のJANAMEFセミナー「医療事故調査制度の発展に向けて」は、ホームページからのお申込みは終了いたしました。
参加ご希望の方は、事務局までお問合せください。2月19日満席となりました。多数お申込みいただき、誠にありがとうございました!

ジャナメフ