皆様のご来場をお待ちしております!

米国他にある家庭医学(内科、精神科、小児科、小外科、場合によっては産婦人科を含むいわゆる地域包括医療の元となる専門科目)のノウハウがまだまだ日本の在宅医療に生かされていない現状と、また、逆に家庭医学をある程度学んだとしても日本の在宅医療現場ではまだまだ使い物になるとは言えない現状もあります。
同じく医療と介護の間にも、大きな壁があり、これらの壁をブレークスルーできるきっかけになるようなセミナーに、さらに医療経済的な問題解決にも一役かうセミナーになることを期待しています。

コーディネーター
 髙瀬 義昌(日米医学医療交流財団専務理事/医療法人社団至髙会 理事長)
 湖山 泰成(日米医学医療交流財団企画予算委員/湖山医療福祉グループ 代表)

開催日2014/01/19
会場東京医科歯科大学 M&Dタワー 2F
開場/開演13:30~17:00(13:00受付開始)
料金当財団会員         1,000円
学 生           1,000円
一般(初期研修医含む)   5,000円
ジャナメフ