2017年度留学助成要項A項の趣旨(研修期間1年以上)

日本の医療関係者の米国・カナダ他における医療研修、ならびに米国・カナダ他の医療関係者の日本における医療研修(研修期間1年以上)を対象に助成を行います。海外での医療研修を積み、実体験した教育や医療を本邦に導入し、これからの医学教育や医療の改善に貢献しようとする、意欲的な若手医療関係者を募ります。
応募書類に不備がある場合は、審査をお断りすることがありますので、応募の際は十分にご注意下さい。
研修期間が1年未満の場合、助成要項B項となります。
助成要項B項のご案内
 
 

助成内容

応募締切
2017年3月31日(金) 期日までに必着

選考日
日時:2017年4月22日(土)
場所:東京駅八重洲口(予定)

応募資格
  • 2017年度対象者:2017年4月1日から2018年3月31日迄に出国する方。
    海外に留学中の方で、引き続き留学を継続される方は応募できません。
  • 臨床研修 あるいは医学研究を希望する医療関係者で各専門職種の免許取得の方。なお、学生の応募はできません。
  • TOEFL iBT 80 点以上の取得者(IELTS6.0以上も可)。TOEICは不可です。
  • USMLE/Step1・Step2CK・Step2CS・MCCEEGFMS・CGFNS等の合格者が望ましい。
  • 臨床研修を目指す人が望ましい。
  • 研修先が決まっている方(研修先の紹介はしておりません)あるいは、マッチングに応募していて2017年3月31日までに結果が確定する方。
  • 当財団から4年以内にA項の助成を得た方あるいは他財団より助成を受けた方は応募資格はありません。
    *留学中の収入合計金額が5万米ドル以内の方を優先します。

助成人数
若干名

助成額
最高 100万円/人

提出書類
  • 申込書(所定用紙・JANAMEF A-1、A-2、A-3、A-4、A-5、A-6)
     

     

  • 履歴書・和文(所定用紙2枚。 上記PDF書類とセットになっています)、英文(A4サイズ・1枚/書式自由)各1通
    *1・2の写真は同一写真で、証明用として最近3か月以内に撮られたもの
    *家族構成(履歴書に必ずご記入下さい)
  • 卒業証書 のコピーまたは 卒業証明書
  • 専門職種免許証 のコピー(縮小コピー可)
    専門職種免許とは、医師免許・看護師免許・歯科医師免許・薬剤師免許・臨床検査技師免許等です。
  • USMLE/Step1・Step2CK・Step2CS等の合格証 をお持ちの方はコピーを提出して下さい。
  • 英語能力試験(TOEFLまたはIELTS)の点数通知書 のコピー
    * TOEFLまたはIELTSを取得されていない場合は必ず受験し、点数通知書(有効期限内のもの)のコピーを提出して下さい。
    * TOEFL iBT 80 点以上の取得者(IELTS6.0以上も可)
  • 論文リスト(主な3篇以内 JANAMEF A-5)をA4サイズ1枚に。
  • 誓約書(所定用紙・JANAMEF A-6)
  • 推薦書(英文厳守・A4サイズ、1枚)2通(サイン入りのもの)
    • 推薦者のうち1名は当財団賛助会員であること。
    • 2名とも賛助会員でない場合は、どちらか1名に賛助会員になって貰って下さい。(賛助会費:1口 2万円[個人]/1口 10万円[団体・法人])
       

       

    • 応募者の自己・近親者などの推薦は認められません。
    • 推薦書は必ずレターヘッド付の便箋A4サイズ・1枚を使用し、英文でお書き下さい。(日本語の推薦書は認められません)
    • ひな型はありません。
    • 応募者の方の人物像がわかる内容をご自身の言葉で、また推薦者の方の財団との現在・今後の関わり合い方も含めてお書き下さい。
    • 推薦書は必ず推薦者本人がサインして直接、財団へ郵送またはメールに添付してお送り下さい。
  • 米国・カナダ他あるいは日本での研修または研究受け入れを証明する手紙
    *受入先機関の代表者または指導者のサイン入りのもの。(コピー可)
  • 収入証明書または契約書のコピー
    *留学中、日本での収入がある場合も必ず1年間の総額を証明するもの(給与証明書等)を付けて下さい。
    留学中収入が無い場合は、無収入を証明できる書類を提出して下さい。
  • 応募者一覧表作成用書式
  • セルフチェックリスト
    PDF書類はそのままタイピングしてプリントアウトして提出してください。
    書類は出来るだけタイピングしたものをご提出願います。
    (他にタイピングした物の切り貼りでも結構です)

以上13項目の書類をクリアファイルに入れて期限までに提出して下さい。

選考方法
選考委員会が書類審査ならびに面接の上、採否を決定します。

選考結果の通知
応募者本人宛に郵便により通知します。

送金方法
合格者は出入国日を財団所定の連絡票によって財団に通知して下さい。それにもとづいて振り込みます。

義務
  • 研修開始後の近況報告書(JANAMEF NEWSやホームページ掲載用)
    *様式は財団指定書類。
    *A4サイズ(40字×30行位) 1枚程度
    *日本語または英語。(出国後半年以内)
  • 研修報告書(JANAMEF NEWSやホームページ掲載用)
    *様式は財団指定書類。
    *A4サイズ(40字×30行位) 3枚程度
    *日本語または英語。(帰国後1か月以内)
  • 賛助会員に入会し、毎年継続して賛助会費を納入
  • 財団主催のセミナーや財団活動への協力
  • 助成金に対する使途明細書を提出(帰国後1か月以内)
  • 氏名、出身大学・所属機関名、研修先・分野・研修期間、推薦者、近況・研修報告書について、JANAMEF NEWSや事業報告書に掲載することの了承

助成金の取消
下記の場合、助成金の取消、助成金の停止、もしくは振り込まれた助成金の返却を通告します。

  • 提出書類に虚偽の記載があった場合
  • 医療関係者としてふさわしくない行為があった場合
  • 前項の義務 1~6 の不履行

問い合わせ先
〒113-0033
東京都文京区本郷3-27-12 本郷デントビル6階
公益財団法人 日米医学医療交流財団
TEL:03-6801-9777
FAX:03-6801-9778
E-mail:info@janamef.jp
http://www.janamef.jp

 
 

フェローの声

今まで助成を受けた人たちをJANAMEFフェローといいます。
そのフェロー達の近況報告書や研修報告書を海外留学の参考にご覧下さい。

ジャナメフ